So-net無料ブログ作成

名古屋市荒子川公園のラベンダー [植物]

 名古屋市港区荒子川公園
ラベンダーが見ごろとのことです。

[6月12日の中日新聞より]

荒子川公園ラベンダーフェア 6月10日~6月18日
(ラベンダーが3000株)

     荒子川公園 マップ



****************************************

ラベンダーについて教えてください

原産地は地中海沿岸で、
ヨーロッパ南部を中心に多くの種(しゅ)が知られています。

春にピンク色の花を咲かせ,
様々な種(しゅ)がありますが、
中でも紫色の花が最もポピュラーです。

多くの種は、花、葉、茎は細かい毛
でおおわれており、その間に
精油を出す腺があります。

揮発性の油を多く含むため、
草食動物はほとんど食べないが、
芳香で蜂などを引き寄せる
古くから有名な香料植物で,
花を水蒸気蒸留してラベンダー油 をとり,
香水や石鹸の香料に用います。

また薬用として神経痛リウマチ
などにも用いられます。

伝統的にハーブとして古代エジプト
ギリシャローマアラビア
ヨーロッパなどで薬や調理に利用され、
芳香植物としてその香りが
活用されてきました。

日本でのラベンダーの栽培は、1930年代に
本格的に行われるようになるが、
それ以前は野生種の刈り取りがほとんどでした。

園芸用としても愛好されています。

昭和期には香料原料として、
北海道富良野地方などで栽培され
精油が生産され、1970年にピークを迎えたが、
合成香料の台頭で衰退しました。

しかし現在の富良野では、
ラベンダー畑が観光資源となっています。

確かに、ラベンダーといえば富良野ですね。
富良野ラベンダーを有名にしたのは
ファーム富田」です。

昭和33年にラベンダーの植栽を始めて、
香水を作ることを考えました。

しかし、初めに植えた10a(=1,000平方メートル)
ものラベンダー栽培は、苦難の連続。

ようやく香水作りに成功するも、
合成香料の流行によって、ラベンダーオイル
の売上も途絶えてしまったのです。

窮地に陥った時期もありましたが、
昭和51年国鉄(今のJR)のカレンダー
ラベンダー畑の写真が掲載されたのがキッカケで、
一躍注目を浴びるようになりました。

翌年52年からはポプリ等の制作に切り替えて
その後売上が上昇、のちにオリジナル香水
が生まれて人気を集めるようになりました。

富良野で一番品種が揃って咲き誇るのは
7月中旬~下旬」が目安とされています。

富良野の凄いところは、「花人街道」
とも言われている国道237号線沿い
(富良野~中富良野~上富良野)に
集中してファームがあるので、
それぞれの特徴と共に楽しむ
ことができます。



(スポンサーリンク)


かわいい まあるい 光触媒 インテリア グリーン ラベンダー


ラベンダーとラバンジン


ラベンダー 50ml 【精油 エッセンシャルオイル アロマオイル アロマ ギフト】【AEAJ表示基準適合認定精油】【RCP】



新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

  • 場所: 北海道富良野市中御料
  • 特色: 安らぎのプリンスグループ。四季折々富良野の景観を楽しめるリゾートホテル。温泉もあり心も体も癒されます





スポンサーリンク






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX取引