So-net無料ブログ作成
検索選択

ハーブとアロマ [生活]

前回のラベンダー関連記事の続きです。

<⇒[荒子川公園のラベンダー]の記事はこちら>

ハーブについて教えてください

ハーブとは香草(こうそう)のことです。
ラテン語で草を意味するヘルバ herbaが語源です。

独特の香り薬効性をもち,
花,葉,茎を生のまま,あるいは乾燥させて使います。

また、風味づけや保存性を高めるため
料理に用いることもあります。

民間療法に取り入れる、煎じて飲む(ハーブ茶)、
化粧品に配合する、精油芳香療法アロマテラピー
などとして、色々と利用されています。

香りの高い香草には、滋養強壮やリラックスなど
様々な効果を持つものが多いのが特徴です。

こういった植物の持つ効果を
そのまま取り入れるのがハーブです。

ハーブの効果は緩やかなことが多く、
妊娠中や小さなお子さんでも安心して
摂ることができます。

西洋での漢方薬のような存在ですね。

料理の臭みを消したり、旨味を引き立てたり、
乾かしてお茶として頂くのが
一般的な使い方です。

ハーブから抽出した「香りの成分」
アロマとして使われます。

つまり、アロマで使われるエッセンシャルオイル
(精油)は、ハーブから抽出されます。

アロマってどういうもの?

落ち込んでいる時に花の香りで
気持ちが前向きになったり、
好きな香りで楽しい気分になったりしませんか?

アロマとは、香りをさしますが、
自然の植物や果実が持つ香りの芳香成分で
心と体のケアをするヨーロッパ発祥
自然療法アロマテラピーです。

アロマテラピーとはどのようなものですか

花やフルーツや森の香り。
植物の香りは、私たちの心や
身体にさまざまに働きかけます。

アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分
である精油(エッセンシャルオイル)を使って、
心身のトラブルを穏やかに回復し、
健康や美容に役立てていく自然療法です。

AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)
アロマテラピーを以下のように定義しています。

アロマテラピー精油を用いて行う自然療法です。
アロマテラピーの目的は以下の通りです。
1. リラクセーションやリフレッシュに役立てる。
2. 美と健康を増進する。
3. 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る。
4. 身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻す。

植物や果実から抽出した精油=エッセンシャルオイル
に含まれる薬効成分は、人間が本来持っている
自然治癒力を高め、体内に取り入れることにより、
心を癒したり、体や肌のトラブルを改善したりして
健康に役立てる芳香療法、
それがアロマテラピーです。

ハーブとアロマの違いはなんですか

ハーブアロマも「人間が持っている本来の
自然治癒力を高める」点では同じです。
いちばんの違いは「内服できるかできないか」でしょう。

ハーブの中には内服に適していないものもありますが、
原則ハーブはお茶などの形で口にすることができます

アロマで使用するエッセンシャルオイルは
内服することができません

その差によって、それぞれ得意な分野も変わってきます。

ハーブは口腔内や胃腸を「中から」癒やすのが得意です。
一方アロマは皮膚などの「表面から」働きかけ、
香りを使って「脳や神経に」働きかけます。

それぞれの違いや特徴を知って、
生活に取り入れてみると、生活が豊かになります。



(スポンサーリンク)

   ハーブ

【送料無料】ハーブセットB(13種類のハーブ・スパイス詰め合わせ)ドライハーブ


   ハーブ

【選べる お試し オーガニック ハーブティー 10種類 セット】 1000円ポッキリ 送料無料 無農薬 【ブレンドハーブティー】【アイスティー】【チャイ】【初回限定】


   アロマ

[認定精油]\制限なし/ 選べる5ml6本 ピュアエッセンシャルオイル 33種/アロマオイル/ 高品質 エッセンシャルオイル 精油 セット アロマライフ【1000円 ポッキリ 送料無料】空気洗浄器や加湿器 メール便送料無料








スポンサーリンク






nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 1

ミスター仙台

訪問&nice!ありがとうございました。
by ミスター仙台 (2017-06-17 22:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX取引