So-net無料ブログ作成
検索選択

 京都・祇園祭で宵山期間始まり、駒形提灯が山鉾を照らす [ニュース]

lgi01b201404170200.jpg観光2.jpg

祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾巡行(17日)を前に14日、
宵山期間が始まりました。


宵々々山」にあたる14日は、四条通や烏丸通の「歩行者天国」
は実施されず、露店の出店もないが、山鉾が立ち並ぶ室町通
新町通では、厄よけちまき朱印を求める大勢の人垣ができました。

京都市中心部の山鉾町では駒形提灯(ちょうちん)がともされ、
大路小路に立つ山鉾と豪華な懸装品を見ることができます。

15、16日は午後6時~午後11時まで、四条通烏丸通
の一部が歩行者天国になります。

(7月14日 京都新聞Webの概要)

      室町通


(「Google」をクリック)

****************************************


山鉾について教えてください

車の台の上に家や山などのつくりものをつくり,その上になぎなた
などを立てたものをさします。

山は曳山(ひきやま)とか山車(だし)ともいわれるように、人形を飾っ
囃子(はやし)の人たちが乗り、曳子が綱で引く屋台のことであり、
は屋台の上に立てて飾るものをいいます。

神様がこれにのりうつって町を巡幸し、氏子の生活を見守る趣旨
のもので、神輿(みこし)の御幸(みゆき)と同様の意味をもちます。

古くはが神聖な自然の森や樹木に降りて来る信仰があって,その聖域が
神社や広場に移動した結果,樹木やその一部を祭場に立てる形式が生まれ
ました。

神輿 (みこし) とか山車 (だし) のもとの形は,こうしたの依りついた
樹や枝を輿に乗せてが巡幸することを意味しましたが,次第に装飾化
されていきました。


これまで毎年7月17日に行われてきた山鉾巡行ですが、2014年からは
17日の「前祭(さきまつり)」と24日の「後祭(あとまつり)」の
2日間に分けて行われます。

実はこれが祇園祭の本来の形です。

前祭の巡行で京都の町中の穢れを払い、それから八坂神社神様
お神輿で町にお迎えします。

そして1週間後後祭でもう一度 巡行で穢れを払い、神様を神社に
お返しするのです。

(お神輿で神様をお迎えする行事を「神幸祭」、お返しする行事を
還幸祭」といいます)


それにあわせ、宵山14~16日の3日間に加え、後祭の前にあたる
21~23日にも開催されます。

前祭(17日)の前夜祭としての宵山は、14日(宵々々山)、
15日(宵々山)、16日(宵山)と3日間行われます。

には提灯が灯りお囃子の音が場を盛り上げ、町中が祭ムード
一色となります。

宵山の時期は山や鉾に上がることができます。
(但し、行っていないところもあるようです)

また各町の会所では粽やグッズ販売のほか各町に伝わる諸道具や
山鉾を飾る懸装品、ご神体などが飾られ間近に鑑賞することが
できます。

歩行者天国15日・16日の2日間(18:00~23:00)となります。



(スポンサーリンク)

ひな人形用道具 山鉾六点セット 金彩小桜 赤塗 金属徳利 20号


祇園祭の愉しみ 山鉾と御神輿をめぐる悦楽 (京都しあわせ倶楽部) [ 芳賀直子 ]








スポンサーリンク






nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
FX取引