So-net無料ブログ作成
検索選択

高齢者に多い白内障 [健康]

NHK「きょうの健康」より

健康は最も大切なので、よく見聞きする病気について、
いくつか機会があればレポートしておきたいと思います。

高齢者に多い白内障

50代 8.4%
60代 39.9%
70代 82.7%

高齢になれば
必ずなると覚悟したほうがよい。

白内障とは?

目のレンズである水晶体
濁る病気です。

症状は?

ぼやけ
まぶしい
左右で明るさが違う
薄暗いと文字が見えにくい

白髪と同じで、
少しずつ濁ってくるとのこと。

対策は?

点眼薬を使う
→進行を遅らせることはできるが、
 濁りは取れない。

手術
眼内レンズ(人工水晶体)を
 眼の中に固定する。

 (水晶体の中身を取り出して、
  人工レンズを入れる。)

手術自体は30分で終わるとのことです。

単眼レンズ(焦点が1ケ所)が基本なので、
ピント調整のためのメガネが必要にまります。

単眼レンズの焦点は、
ライフスタイルに合わせて選ぶのがよいとのことです。
(手元に焦点を合わせたレンズか、
遠くに焦点を合わせたレンズにするのかを選ぶ。)

誰もがなる可能性が高い病気です。
手術が早く終わるとはいえ、
目は大切な所。

いろいろと怖い話でした。




(スポンサーリンク)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

骨粗しょう症の高齢者対策 [健康]

骨粗しょう症

最近は健康に関する番組が
いろいろと放映されており、
身近な病気予防に
役立てたいとお思っています。

NHKで「今日の健康」という番組があり、
骨粗しょう症を取り上げていましたので、
レポートしたいと思います。

骨粗しょう症とは

の強度が低下し、骨折しやすくなる病気。

日本では、患者数が1,280万人
女性:男性=3:1
高齢者になると多くなる

70代 女性5人に2人
    男性5人に1人

①骨の成り立ち

骨は髪の毛のように、新しく作り変えられる

破骨細胞 骨を壊す細胞
骨芽細胞 骨を作る細胞

この2つの細胞のバランスが取れていれば、
骨粗しょう症にならない。

②骨粗しょう症の主な原因

加齢  腸の栄養吸収能力の低下
閉経  ホルモンバランスの崩れ
ダイエット 必要なカルシウム量が摂れていない
運動不足 など

③骨折しやすい場所

高齢者は転倒時に多い
 ・太ももの付け根→手術→筋力低下→歩行困難→寝たきり
 ・手首

くしゃみの時の脊椎の圧迫骨折

対策として、閉経後は検査で骨量の減少を早く発見
高齢者は転倒予防

こうやってまとめてみると
とても怖い病気であり、
高齢になると、
絶対に気を付けなければならない病気ですね。

病気については
身近なものがいくつもありますが、
聞き流していると、勘違いしたり、
発見が遅れることが考えられ、
また、いつ自分や周りの人が
病気になるかわからないので、
正確な知識を身につけることが
大切だと思いました。

また、機会がありましたら、
いろいろな健康に関する情報を
レポートしておきたいと思います。




(スポンサーリンク)

「老けない体」は骨で決まる (青春新書INTELLIGENCE)

「老けない体」は骨で決まる (青春新書INTELLIGENCE)

  • 作者: 山田 豊文
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2012/12/04
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
FX取引