So-net無料ブログ作成

京都・伏見区の川に舞うホタル [自然]

自然.jpg


京都市伏見区東高瀬川は、
10年前の近くのトンネル工事に伴い
水量が増加しました。

地元の住民は清掃活動を始め、
昨年はホタルのえさとなる稚貝を放し、
今年6月10日ホタルを放つことが
できるようになったそうです。


(京都新聞Webの記事の概要です)


伏見区砂川学区周辺(東高瀬川周辺)




********************************************

ホタルについて教えてください

おもに熱帯から温帯の多雨地域に分布しています。

幼虫時代を水中ですごす水生ホタル
陸上の湿地ですごす陸生ホタルがいます。

日本で「ホタル」といえば、本州以南の日本各地に分布し、
5月から6月にかけて孵化するゲンジボタルを指すことが多いようです。

日本ではこのゲンジボタルが親しまれていていますが、
実際には遥かに多様な種がいます。

国内には約40種が知られますが、熱帯を主な分布域とするだけに、
本土より南西諸島により多くの種がいます。

ホタル幼虫の時代にはほとんどの種類が発光します。

成虫発光する種は夜行性の種が大半を占め、
昼行性の種の成虫の多くの種はまず発光しません。

ゲンジボタルについて教えてください

ゲンジボタルの成虫は夜に活動するが、
発光によって他の個体と通信をはかり、
出会ったオスとメスは交尾をおこないます。

交尾を終えたメスは川岸の木や石
に生えたコケの中に産卵します。

卵の中で発生が進むと、
の中で幼虫発光を始めます。
になると幼虫が孵化します。

幼虫はすぐに川の中へ入り、清流の流れのゆるい所で
カワニナを食べながら成長します。

を経て翌年のになる頃には、
幼虫は体長2-3cmほどに成長し、
成虫よりも大きくなります。

になって充分に成長した幼虫は
雨の日の夜に川岸に上陸します。

川岸のやわらかい土にもぐりこみ、
周囲の泥を固めてを作り、
その中で(さなぎ)になります。

成虫5月から6月にかけて発生します。
は深い草陰で休んでいて、に活動します。
成虫になると水分を摂取するのみで、
活動や産卵は幼虫時代に摂った
栄養分でおこないます。

成虫の期間は2-3週間ほどしかありません。

本州四国九州と周囲の島に分布し、
水がきれいな川に生息します。

5月から6月にかけて発生してたゲンジボタル
オスは川の上空を飛び回りながら、
メスは川辺の草の上などに止まって発光します。

平家打倒の夢破れ、無念の最期を遂げた源頼政の思いが
夜空に高く飛び舞うホタルにたとえられたようで、
源頼政の亡霊になりホタルとなって戦うと言う伝説があり、
源氏ボタル」の名前もここに由来しています。

夜に川辺で発光するゲンジボタル
初夏の風物詩として人気があります。



(スポンサーリンク)




こころも育つ 図解・ホタルの飼い方と観察―人の生活と自然を調和させた世界に誇る日本の「ホタル文化」

こころも育つ 図解・ホタルの飼い方と観察―人の生活と自然を調和させた世界に誇る日本の「ホタル文化」

  • 作者: 大場 信義
  • 出版社/メーカー: ハート出版
  • 発売日: 2012/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX取引

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。